宮城県仙台市のホームページ作成・制作会社【タームネット】

日本で一番分かりやすいUSPの学校

【USPマーケティング公認パートナー】WEBプロデュース歴18年、650件以上の実績を持つUSPマーケティングコンサルタント田村正純が、USP導入の無料相談を承ります。

USP導入無料相談

USPの先生

USPとは、「Unique Selling Proposition 」の略で辞書にも掲載されている。

USPという技法を定義したのは、アメリカにおける広告の巨匠ロッサー・リーブスである。

彼の経歴はすごい。広告代理店テッドベイツ社の会長で、第38代米国大統領ドワイド・アイゼンハワー(Dwight David Eisenhower )の 選挙参謀。数々の歴史に残る広告キャンペーンを成功させる。

M&M's チョコレートのキャッチフレーズ「お口でとろけて手 でとけない」が日本でもおなじみである。このUSPを効かせ て世界中に広がる起爆剤となった。彼がまとめた広告の普遍の 法則こそUSPである。その3つの定義は以下のとおり。

1.広告は、消費者に向かって主張すべき点がなければならない。
言葉を並べるだけ、言い広めるだけ、また、 ショーウインドー的な広告、このようなことではいけない。読者にこう呼びかけるべきだ。
「この商品・サービスを手に入れなさい。そうすれば、あなたはこんなにすごいメリットを得ることになるはずだ。」

2.その主張は競合が主張していないものか、それとも主張しようとしても出来ないことでなければならない。

3.その主張は、パワフルであり、多くの消費者を自社商品・サービスのほうへ引きよせるものでなければならない。